TOP
TOP セミナー

満員御礼【歴史を動かす一部になる!~アニマルライツ活動実践講習】2019/6/1

声を上げることが重要なのだと、沈黙は加害者側に立つことになるのだということを、このページを訪れるあなたはわかっていることでしょう。けれども、長い長い肉食の歴史、見えてこない動物たちのための希望、絶望を感じる社会の状況、辛いと感じることも多いのではないでしょうか。

幸い、アニマルライツの運動にも先駆者がいます。積み重ねられた経験、知識、手法、メンタルの維持の仕方を知ることで、動物を助けるための行動はより効果を上げることができます。

この講習会は、実際の活動を続けている方、自分自身のライフスタイルではなく、もう一歩前に進んで動物を救おうと考える方向けのものです。

※定員に達したため、お申込みを〆切りました。

※アニマルライツ活動家向けの講習会です。畜産動物のアニマルライツやアニマルウェルフェア活動の意志がない方は参加できません。

概要

2019年6月1日 (Sat) 14:00~17:00(開場13:30)

渋谷区勤労福祉会館 第二洋室

プログラム

  1. オープニング
  2. 世界のアニマルライツムーブメントの動向
  3. みんなの活動紹介 複数のグループを紹介します(決定済み:4AJ、アニマルライツ中部、アニマルライツ神奈川、アニマルライツセンター学生部、関西の動きを関西地方のメンバーより、アースリングス)
  4. 地域グループの立ち上げ方法
  5. あなたは大丈夫?燃え尽き症候群
  6. 日本の鶏・豚・牛の今
  7. 畜産現場を知ると見える解決方法
  8. なぜ世界はケージフリーにシフトしたのか
  9. ソーシャルメディアはどう活用したらいい?
    休憩
  10. コミュニケーションの重要性
  11. 政治はどう反応しているのか
  12. 企業はどう反応しているのか
  13. ワークショップ
  14. クロージングのスピーチ

Be a part of historical movement! Seminar on animal rights activism

お申込みは終了しました。
※当会からのお申込み完了メールが届いていない方は見学、入場はできません

«

»

Instagram

  • 鶏がケージから出られるのは、死んだときか、立てなくなったり衰弱したりして、卵を産まなくなった時です。
弱ればケージから出されて淘汰され、死ねば飼料袋に入れられ処分されます。

鶏たちに治療は行われません。
それをまかなえるほど卵の値段は高くありません。
比喩ではなく、鶏たちは卵を産むマシーンとして扱われています。

卵の安さが、鶏の扱いにつながっています。

#EndTheCage 
#ケージフリー
  • 2019年12月、夜中。 2019 December, midnight.🇬🇧👇 日本の屠殺場で、この牛は鼻輪にとおされたとても短いロープで係留され、翌朝の屠殺を待っていました。

ロープの長さは、牛が横たわることができないだけでなく、頭を上にもたげることも、うつむくことも制限されるほど短いものでした。著しく行動を制限された牛はそこに立ち続け、足踏みしたり舌で口の周りをなめたりしていました。飲水設備もありません。しかしたとえあったとしても、その短いロープではそこに口が届かなかったでしょう。かれは翌日殺されるまでこの状態です。

屠殺場で係留中に水が飲める

横たわることができる

いずれも動物を扱う際に当たり前の、最低限のレベルのものだと思います。しかしそのわずかな配慮もないがしろにされています。「畜産動物」ならどんな扱いをしてもいいのでしょうか。

アニマルライツセンターの要望と屠殺場の回答
https://hopeforanimals.org/slaughter/short-tethering/

#牛 #cow
#animalwelfare
#animalliberation
#動物 #animals
#雪 #snow
#EndSpeciesism

December 2019, midnight.

At a slaughterhouse in Japan, this cow was tied with a very short rope passed through the nose ring, awaiting slaughter the next morning.

The length of the rope was so short that the cow could not lie down, and even limited his ability to move the head up or down.  The cow with his behavior severely restricted continued to stand there, stepping and licking around the mouth with his tongue.  Not even a water drinking facility.  Even if there were, his mouth probably couldn’t reach there with the short rope.  He is in this state until he is killed the next day.

Ability to drink water while on hold at the slaughterhouse

Ability to lie down

Both of these should be the minimum standards in handling animals that should be a given.  However it has been neglected without even little consideration.  Is any treatment ok if it’s about “livestock animals”? Animal Rights Center Japan is seeking the following four improvements to the slaughterhouse:
https://arcj.org/en/issues-en/farm-animals-en/slaughter-en/short-tethering/
  • 動物たちの苦しみを無くすためには、周りの人に知らせ、関係者に意見を届けることがとても重要です。
そのためには実態を知ることも大事です。

音声で学ぶ動物のこと。
アニマルライツセンターポッドキャストはじめました。
ぜひお聞きください。

https://castbox.fm/x/1zQ7p

#animalliberation 
#AnimalWelfare
##EndSpeciesism
  • 鶏肉にされる鶏たちは赤ちゃんのうちに殺されます。Chickens raised for meat get slaughtered while they're babies.🇬🇧👇
しかしその赤ちゃん鶏の関節、足の裏は、炎症で焼けただれています。
超過密で、糞尿の上で生活させられ、体重も異様に重たいことなど、福祉が著しく低いことをあらわしています。

日本の養鶏場は世界と比較にならないほど超過密です。今のところ改善の兆しすらありません。

https://www.hopeforanimals.org/broiler/551/
#鶏肉 #鶏肉料理 #鶏肉レシピ #唐揚げ #からあげ #からあげクン #からあげ弁当 #唐揚げ弁当 #唐揚げ定食 #親子丼 #焼き鳥 #やきとり #焼き鳥屋 #鳥貴族 #鳥料理 #食べないで
#chicken #chickendish #chickenrecipe #karaage #karaagebento #oyakodon #yakitori #torikizoku #donteat

The joints and soles of the baby chicken are burnt by inflammation.
They are forced to live overcrowded on manure, and have an unusually heavy weight, showing that the animal welfare was very low.

Poultry farms in Japan are overcrowded compared to the rest of the world.  For now there is no sign of improvement.
  • この農場だけがこうだと思いますか?

狭い場所に大量の糞をする動物をたくさん詰め込むというのが一般的な畜産のスタイルです。しかもそれを管理するのはほんの数名です。

日本の肉牛農家一戸当たりの平均飼養頭数が約50頭。
一頭当たりの一日の糞量が約25kg。
肉牛経営の従事者は一戸当たり平均2人。

衛生的な状況を保つというのは物理的に困難なのです。

牛たちが汚い場所に押し込められ不快さに耐えている責任はどこにあるのでしょうか?
責任の一半は、このような状況に目を向けず、肉を消費し続ける消費者にもあります。
私たち一人一人が、牛たちの苦しみに責任があります。

#牛肉
#動物
#EndSpeciesism
  • 翌日の屠殺を待つ乳牛です
彼女の体がその過酷な生涯を表しています。
ガリガリにやせ、乳房は腫れあがり、後ろ足には起立困難な牛に取り付けられるバンド。

飲水設備もなく繋留ヒモも短すぎる。
この動画は昼に撮影されたものです。彼女は最後の一日も長い間苦しんで過ごしました。

#vegan
#EndSpeciesism
#animalliberation
#牛乳 #milk

Dairy cows waiting for slaughter the next day.
Her body shows her harsh life.
Skinny to the bone, her breasts inflamed, and bands on her ankles for those who have difficulty standing.

No drinking facility and tied to a rope that's too short.
This video was taken mid-day.  She suffered for a long time even on her last day.
  • 牛たちは広々とした草原に放牧されているというイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし日本の牛たちの多くは狭い牛舎の中ですごしています。ずっと繋がれたままの牛もいます。

糞尿と一緒に閉じ込められ、動きを過度に制限され、かれらはただ耐えています。

#endspeciesism
#animalliberation
#animalwelfare
#牛乳 #milk
#牛肉 #beef

Some people may have the imagination that cows are freely grazing in big fields.  However, most of the cows in Japan are living in small cow shacks.  Some are permanently tied.

Confined together with feces and urine, their movement severely restricted, they are simply hanging on.
  • 彼女は私たちがと殺場で出会った豚です。
2016年の冬、さくらは肛門から腸が飛び出させ、血だらけで、トラックの荷台に乗せ­られてやってきました。
https://hopeforanimals.org/pig/425/

この苦しみは今も続いています。
動物への暴力に終止符を。

#vegan
#EndSpeciesism
#animalliberation
#豚 #pig
#さくら #Sakura

She's a pig we met at a slaughterhouse.  In winter 2016, she came on the back of the truck, with her intestines coming out of her rear, conferred in blood.

This violence is continuing even now.  Let's put an end to violence to the animals.

フォロー