FEATURED

動物はごはんじゃないデモ行進で先頭を歩いたアニマルライツセンター学生部のメンバーが、デモに参加した感想を寄せてくれました。初めてデモに参加した学生は、初めは不安もあったようですが、参加してみて良かった!という嬉しい声を聞くことができています。今年参加できなかった方も、ぜひ来年はデモに参加してみませんか?

  6/9 東京のデモ行進に参加しました。
ずっと参加したくて、1年前からYouTubeでデモ行進の動画を見てました。
しかし、「デモ=攻撃的」という
デモに対する偏見があり、
少し不安でしたが、デモ行進に
参加していた皆さんは、とても優しくて、新参者の私にも優しく接してくれました。
また、デモ行進の掛け声も
「○○やめろ!、反対!」というアプローチじゃなくて、
「肉食やめよう!」という言葉選びがとてもよかったです。
そして、デモ参加者の分のプラカード、電子キャンドルを用意してくださって、とても一体感のあるデモ行進でした。

来年も参加したいです。

  デモに参加してよかったです!
普段は人や車がひっきりなしに通っている渋谷の大きな交差点を堂々と歩くという貴重な体験ができました。
デモと言ってしまえばみなさんそれぞれ思い浮かべる印象があると思います。しかし参加する側としては、友人とみんなに知ってほしいことをただ伝えているだけだという思いでした。これを機に、今の日本の畜産に疑問をもつ人がいれば幸いです。

おつかれさまでした!

  デモに参加したのは初めてでしたが、こんなにも大規模に行われるものだとは知りませんでした。終わった後はとても疲れていたのですが、達成感の方が大きかったです。ヴィーガンであるだけじゃなくて、実際に行動をとることができ、素晴らしい体験でした!私たちのプラカードを見たり声を聞いたりして、少しでも多くの人が動かされたらなと願っています。声を上げることの大切さがわかりました。これからも、このような活動をし、動物たちのために声を上げて行きたいと思います!貴重な体験ありがとうございました!

  デモに対する意見は賛否両論あると思います。しかし、渋谷・京都のデモ中、何百もの通行人がデモに興味を持っていました。動物が苦しむ写真を見て、辛そうな顔をする人や、デモの様子を写真やビデオで撮影する人も沢山いました。デモを何かのきっかけで目にした人が「動物の権利」「vegan」などの言葉と共に、畜産や地球環境に対して自分の考えを構築し、それを誰かと話し合うことで、自分自身の生活を見直すことができるのではないかと思います。
動物福祉・権利を考え、行動をしている人が170人以上おり、そしてそれは氷山の一角に過ぎないということを、デモ参加者自身が知ることができたと思います。まだまだ日本での認知・理解も低く、孤独との戦いでもありましたが、このデモを一緒に行うことで、自分は一人ではないことに気付き、お互いを鼓舞することができました。
デモに参加するのは初めてでしたが、素晴らしい経験になりました。これからも、地球にも社会にも動物にも、そして自分自身に対しても優しい選択をしていきます。
  動物はごはんじゃないデモに参加するのは初めてでした。集会の時から思っていたよりもたくさんの人が来ているのを見て、日本にも苦しめられている動物たちのために声をあげたいという人がこんなにたくさんいるんだ、と驚きました。こういったデモには少し怖い印象があるかもしれませんが、デモに来ている人たちとお話ししてみると、逆に優しい方ばかりでした。学生部のメンバーで地方に住んでいるので普段なかなか会えないメンバーがデモに来てくれて、久しぶりに一緒に活動できたこともうれしかったです。一大イベントだからこそ日本中のアニマルライツ活動家が集結できるのも、デモの良いところだなと思いました。デモが終わった後、参加者が170人を超えていたと発表を聞いてとても嬉しかったです。その中の1人としてデモに参加できたことが嬉しいです。参加者は年々増えていると聞きました。日本でも苦しめられている動物たちのための活動がどんどん大きくなっていってほしいと思います。こんなに大勢の人たちが動物のために声を挙げているところを見て、「お肉の裏側に何かあるのではないか」と疑問を持つ人がいたら良いな、と、心の片隅にでもよいから何かしら残ると良いなと思います。来年も参加したいです。
FEATURED

動物には、感覚があり、意識があり、その動物らしい生き方があります。
動物たちは人の”所有物”ではありません。
動物を食べ物としてみるのをやめると、社会の裏側が見えてきます。
年間600億頭の陸生動物、1000億頭以上の水生動物たちの苦しみに気がつき、行動を変えた市民が声を上げました。
東京で172名が、京都で23名が訴えました。

このデモ行進は世界37の地域で行われています。日本の参加者は世界に比べて極端に少ないですが、産動物を殺さないでほしいと声を上げることがまだまだ難しい日本で、毎年参加者が増加してっていることに、希望を感じます。

先頭を歩いたのは、アニマルライツセンター学生部。大学生、高校生が中心です。今後長く生きていく人達が、自分たちが住む地球の未来を良くしたいと、暴力のない世界にしたいと行動してくれることは、動物たちにとっての何よりの希望です。

この日参加してくれたみんな、京都で参加してくれたみんなが、動物たちの未来を変える人々です。

 

動物を食べるのをやめよう。
工場畜産をなくそう。
動物を殺すのをやめよう。
動物を守ろう。

思いやりのある生活をおくることは、あなたの生活の質を下げることはなく、よい社会を作り出します。
人にとっても、動物にとっても、地球の未来にとっても、素晴らしい選択です。

今年も今後多くのアクションを行います。また、来年もデモ行進継続します。あなたも参加し、動物たちの未来を一緒に変えてください。

 

シュプレヒコール

肉や、卵や、乳製品のために使われる豚も鶏も牛も魚も、人と同じように苦痛を感じます。
自分が殺される動物の立場だったらどう感じますか?

・動物守ろう
・命を守ろう
・工場畜産反対

日本の鶏は意識があるまま首を切られます。
年間50万羽のニワトリが、熱湯で茹で殺されています。動物たちは苦しんでいます。

・動物食べるのやめよう!
・動物殺すのやめよう!
・肉食やめよう!

牛は殺される前に涙を流し、豚は殺されるとき悲鳴をあげます。安楽な屠殺は存在しません。恐怖と苦痛の中 殺されます。

・動物守ろう
・命を守ろう
・工場畜産反対

畜産業は地球温暖化の最大の原因。肉食は森林破壊の最大の原因。畜産業は水資源を使いすぎてます。地球の未来のために

・動物食べるのやめよう!
・動物殺すのやめよう!
・肉食やめよう!

ブタも鶏も牛も、拘束されて身動きが取れず、すべての本能を奪われています。こんな方法、欧米では違法です。

・動物守ろう
・命を守ろう
・工場畜産反対

動物を食べない、卵を食べない、牛乳を飲まない、これが一番、人と動物と地球にやさしい選択です。

・動物食べるのやめよう!
・動物殺すのやめよう!
・肉食やめよう!

写真レポ

すべての写真はアニマルライツセンターのFlickerのアップされています。
DSC_1152
DSC_1306

DSC_1349
DSC_1189
DSC_1220
IMG_9333
IMG_9260
IMG_7871
IMG_7888
IMG_7984
IMG_7921

夜デモに突入

DSC_1464
DSC_1411
DSC_1426
DSC_1465
DSC_1467
DSC_1495
DSC_1517
DSC_1539
IMG_8116

終了後
March to close down all slautherhouses
IMG_9642
D2B0783B-D507-46E6-8F25-00C22C0516C7

出発前
IMG_9159
DSC_1146
DSC_1138
IMG_9122

動物はごはんじゃない
IMG_9440

動物はごはんじゃない
FEATURED

動物には、感覚があり、意識があり、その動物らしい生き方があります。
動物たちは人の”所有物”ではありません。
動物を食べ物としてみるのをやめると、社会の裏側が見えてきます。
年間600億頭の陸生動物、1000億頭以上の水生動物たちの苦しみに、気がついてほしい。
暴力のない社会を目指し、一緒に声をあげてください。

動物はごはんじゃないデモ行進
March to Close Down All Slaughterhouses

日時

2018/6/9(Sat)

集合 meeting time : 17:30

出発 start : 18:00

時間は前後する可能性があります。前日にWEBサイトを確認してください。
Time will be changed. Please check our website.

場所

渋谷区勤労福祉会館 第1洋室・第2洋室

東京都渋谷区神南1丁目1−19−8
1-19-8 Jinnan Shibuyaku, Tokyo

その他

  • 赤が国際キャンペーンカラーです、赤い服もしくは黒でお願いします。赤をワンポイントで付けてくださっても構いません。
  • 人間以外の動物は参加できません。渋谷の雑踏の中は人間以外の動物にとっては厳しい環境で、動物を虐げているように見えるためご協力をお願いいたします。
  • 終点は神宮通公園です。

地図

参加登録してください

Facebookイベントページへの参加ボタン、または下記フォームから参加登録をしてください。

 

※デモ集合に行われる”THE LAST PIG上映会”の予約はこちらから

FEATURED

March to Close Down All Slaughterhousesは、食のために動物を殺さないでほしいと願う世界中に人々が集まるデモ行進です。2012年にフランスのパリで、ドキュメンタリー「Le Sang Des Betes – Georges Franju – 1949」と同じ場所で殺された動物たちを悼み行われたことが始まりです。その後、年々参加地域が増え、2016年には日本でも初開催され、東京と京都で行われてきました。

今年も、世界15カ国で32のデモ行進が行われます。

日本は東京で行われます。東京のデモ行進の概要はこちらから

2018年開催地域一覧

AUSTRALIA

BELGIUM

CROATIA

ESPAGNE

FINLAND

FRANCE

IRELAND

ITALY

JAPAN

NETHERLANDS

TURKEY

UNITED KINGDOM

2012年のパリでのデモ行進

2017年メルボルンの様子

デモ行進の参加登録をしてください。Please apply to join the march